後頭部、後頸部の痛みに対するトリガーポイント療法 肩甲挙筋

後頭部、後頚部、あるいは肩や背部などに痛みを放つ筋肉は色々あります。

その中でも特に重要な筋肉が肩甲挙筋になります。

この筋肉にトリガポイントができると(正確には活性化すると)色々な場所に痛みを放つことがあります。

関連痛がでやすい場所】後頚部、後頭部、肩甲骨内側

関連痛がでやすい場所上腕の後面から前腕の小指側(尺側)

関連通が強く感じる場所は患者様によって違ってきます。
例えば、肩甲挙筋からの関連通が特に肩の後ろに強く感じた場合は
五十肩などの症状と同じに感じることもあります。

こうした肩甲挙筋の特徴を知っていると、今まで取りきれなかった痛みが緩和できるようになったりと
痛みの治療がもっと楽しくなると思います。
是非参考にしてみて下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。